【一括ファクタリング】の特徴を解説!

銀行

一括ファクタリングとは、売掛債権を譲渡するファクタリングを納入企業(債権者)と支払い企業(債務者)がともに行うことを言います。一般的なファクタリングでは納入企業の意向で実行されますが、一括ファクタリングでは支払い企業の承認なくして実施できない点に特徴があります。一般的なファクタリングでは支払期日前に現金化しキャッシュフローを改善することに主眼があるのに対して、一括ファクタリングでは支払い企業にとって約束手形に変わる決済手段として利用するニーズに対応しています。

業種のいかんをとわず、企業間取引では決済手段に約束手形が多用されてきました。手形は支払いを銀行が保証してくれる決済手段であって、支払いまでの期間を長く設定できることにメリットを享受できるのが理由です。しかし支払いする債務者にしてみれば、手形の発行のための事務手続きや金額に応じた印紙税の負担、発行管理などに手間とコストが意識されて新たな決済手段が求められていました。

そのような問題意識を背景に開発されたのが、一括ファクタリングになります。このシステムを採用することで、手形発行にまつわる事務手続きやコスト負担などから解放されるのが特徴でありメリットです。つまり手形発行のための因子税負担が不要になり、発行事務手続きも簡素化されます。また納入企業である債権者にとっても、必要なタイミングで売掛金債権を現金化できるというメリットを享受できます。

具体的仕組みですが、ファクタリングを利用する納入企業と、売掛先企業・そして銀行の3者が関与します。一括ファクタリングを利用するには、普通のファクタリングとは異なって支払先(債務者)が銀行に利用申込みをすることが出発点になります。逆にいうと納入先企業(債権者)が利用を売掛先に要求しても債務者サイドが一括ファクタリングを利用していない限り、納入企業はこの決済システムを利用することは出来ないわけです。

債務者から申込みを受けた銀行は、支払い企業の信用力などを調査し問題がなければ一括ファクタリングのシステムの採用に同意します。一括ファクタリングに登録後に発生した売掛金債権は、銀行は所定の手数料を控除した金額で買い取ってくれるます。しかもノンバンク系のファクタリング会社では手数料負担が高くなりがちですが、一括ファクタリングは銀行が提供しているので手数料が低めに設定されているのもメリットといえます。