【医療報酬ファクタリング】の特徴を解説!

病室

医療報酬ファクタリングとは、病院やクリニックなどの医療機関が健康保険などのお公的医療保険から受け取る診療報酬債権を、ファクタリング会社が買い取ることで早期の段階で現金化することです。日本では国民皆保険制度が採用されているので、給与所得者は健康保険等・自営業や無職者は国民健康保険などに加入しており、窓口では原則3割の自己負担を支払えば残りは公的医療保険から、医療機関に支払われます。

ところでクリニックや病院などでは医師や看護師などへの報酬のほかに、検査設備の更新などのために常に一定の現金需要があります。患者からの自己負担分は即座に入金されますが、健康保険などから支払われる残りの診療報酬は、医療報酬審査機関への請求後翌々月に支払われることになるのです。例えば4月末に診察した患者の残りの診療報酬は、6月にようやく支払われます。医療機関と雖も営利事業なので、最大三ヶ月もの間の支払いサイトが存在することは、資金繰りを悪化させる原因となっているのです。そこで医療報酬ファクタリングが考案されました。

医療報酬ファクタリングとは、病院やクリニックなどの医療機関の経営者が診療報酬債権を健康保険などから支払われる前に現金化するというものです。診療報酬ファクタリングの特徴は、3社間取引のファクタリングが一般的と言う点にあります。通常の売掛債権をファクタリングする場合には、取引先にファクタリンを利用する事実を知られたくないために2社間取引が盛んに行われています。これに引き換え診療報酬の請求先は健康保険などの公的医療機関なので、ファクタリングの利用が知られても取引をきられるような心配は不要です。支払いにあたるい社会保険診療報酬支払基金などは、医療機関から送られてくるレセプトの審査を行い、問題がない限り診療報酬を支払うからです。

健康保険等は破綻することが想定されないので、医療報酬債権は優良債権に分類されるので、医療報酬ファクタリングは審査通過が容易で手数料も低く設定されているのが特徴です。しかしファクタリング会社は医療報酬を券面額の70-80%程度の掛け目で買い取り、残りは健康保険などから支払悪と流れになります。医療報酬ファクタリングを利用すればキャッシュフローが大幅に改善するメリットがあります。しかし一度利用を開始するとなか名かな抜け出せなくなるというデメリットがあることも確かです。長期的には銀行などから経営状況の悪化を指摘する可能性もあるのは念頭に置くべきと言えます。