【国際ファクタリング】の特徴を解説!

世界地図

二歩国内の市場規模が縮小し、今後も成長を継続するためには、企業は海外に市場を開拓する必要に迫られます。日本国内のBtoB取引であれば相手の会社の信用情報などから入手することも可能です。万が一契約不履行などがあっても、直接足を運ぶこともあれば場合によっては法的手段に訴えるという選択肢もあります。ところが海外の企業などと取引を行う場合は、こうはいきません。日本語が通じないのはもちろん、海外企業の信用状況を把握できない、支払いが無い場合に現地に赴くのも困難です。つまり加害企業との取引では代金未収のリスクに直面することになるのです。このような事態でも安全に代金回収を化膿にするのが国際ファクタリングになります。

そもそも海外に輸出する場合にかねてより使用されてきたのが、信用状(L/C)取引です。信用状取引とは日本国内の銀行と海外の銀行の間で、輸出などの通知のやり取りを行い、海外の輸入企業が輸入先に通知した団塊でようやく国内の輸出企業に現金が支払われるというものです。しかし信用状取引では片言節句やコンマ・ピリオドなどの違いを指摘して、受け取りを拒否するなどのリスクがあります。また融資と同様の審査を通過する必要があります。

この点国債ファクタリングでは、日本のファクタリング会社と海外のファクタリング会社が支払いを保証してくれるという特徴を持ちます。日本国内の企業は国際ファクタリングを利用するときには、輸入企業の信用調査を行います。信用調査に問題がなければ初めて、国際ファクタリングを利用出来ることになります。国際ファクタリングのメリットは、確実に輸出企業の売掛金債権の支払いが保証されることです。海外の輸入企業が信用調査に通過していないかぎり利用できませんが、信用調査に通過していれば支払いは100%保証されます。

ところで国際ファクタリングの特徴は信用状を介在させる必要がないことです。信用状では相手方の輸入企業の倒産リスクなどが厳密に審査されるので信用状が発行されない可能性もあります。さらに国際ファクタリングでは出荷を証明する書類は原本でなく、コピーをファックスするだけで可能で、書類の到着が遅れることで取引が滞るリスクを回避できます。さらに国際ファクタリングを利用することで、売掛債権の保証だけでなく定期的に海外企業の信用調査を出来るほか新規取引先の信用調査なども行われるので、海外で事業展開するときには心強い存在になります。