【家賃収入ファクタリング】の特徴を解説!

綺麗な部屋

最近では投資用マンションの販売を専門に手がける不動産会社なども登場していることにみられるように、賃貸物件を保有して不動産賃貸業で収入をえる個人や企業が増加しています。不動産賃貸業は空き室リスクさえ避けることが出来れば、毎月安定した賃料収入を確保できるメリットがあります。

しかし不動産を賃貸するなかで急にまとまった出費が必要になる場合があります。例えば自然災害などに遭遇し急遽リフォームが必要になった場合が典型的です。入居者が待てる程度の損傷ならともかく、早急な修理やリフォームが必要になれば、何らかの方法で現金を工面して必要な工事に備える必要があります。このような場面でまず選択肢にあがるのが、銀行から融資を受ける方法です。遅滞用物件などを建築・購入するときには不動産担保ローンが用意されています。不動産担保融資は3-6%ほどの低い金利で借入できますが、審査までに最低でも一月程度の時間が必要になるので、急激な資金需要に応えるには限界があります。そこで考案されたのが家賃収入ファクタリングになります。不動産賃貸では売掛金に相当するのは毎月の家賃収入です。入居者が確保されている限り毎月、低額の家賃収入が見こめます。家賃収入ファクタリングは、毎月の家賃を期日より前に現金化すろと言うのが特徴です。

家賃収入ファクタリングでは、債権が支払われる可能性が高く延滞のリスクも低いので、ファクタリング会社の審査もゆるめで通過し易い特徴を持っています。優良債権であり売掛先の倒産リスクなどは想定するまでもないので、最短では即日から数日で現金をてぬすることも可能です。そして一般のファクタリングとは異なり法人だけでなく、一般の不動産オーナーでも利用可能になっています。急激な資金需要に迅速に応えてくれる家賃収入ファクタリングですが、手数料負担を考慮して利用の可否を判断する必要があります。確かに融資ではないので借金が増えるわけでなく、審査も通過しやすいメリットがあるのは事実ですが、10-20%ほどの手数料負担が発生するのが相場です。

手数料が高くなりがちなのは、家賃収入ファクタリングでは、2社間取引が一般的だからです。賃貸を売掛先として3社間取引を利用するのは現実的ではありません。そのためファクタリング会社と大家との2社間との取り引きになりますが、家主を通じて賃料が支払われます。そのためリスクが意識され手数料が高くなりがちで、投資利回りに影響を及ぶのは注意が必要です。