ファクタリングの費用・手数料の相場はどの程度?

説明する男性

ファクタリング取引は金融機関での融資を断わられた場合でも、審査を通過する可能性があります。最短で即日通過し入金されるなどスピーディーにキャッシュを用意できるのはおおきなメリットです。しかしファクタリングでは債権の券面額の100%が現金化されるわけではなく、手数料を初めとした各種の費用が控除された残金が正味の現金ということになります。ファクタリングを利用する場面では、現金準備の必要性のあまり、手数料などの相場をあまり気にすることなくなりがちですが、せっかくの売掛金を目減りさせるのは出来る限り少なく済ませたいものです。そこでファクタリングの手数料を初めとした諸費用の相場や注意点を御紹介します。

ファクタリング取引は大別すると2社間取引と3社間取引の二種類に大別されます。一般的に2社間取引では手数料は高額になります。3社間取引では売掛先から承諾を取り付ける必要があります。債務者が医療報酬や介護報酬ならばともかく、一般企業であればファクタリング取引の利用の事実を知ることで、取引先に信用上の不安を抱かせることになります。そこで債務者の承諾を必要としない、2社間取引が考案されたわけです。この方法では利用企業が一旦売掛金を回収して、ファクタリング会社の口座に入金されます。これは売掛金が直接ファクタリング会社に支払われる3社間に比較すると、回収できないリスクが高くなります。そういったリスクに対応するため、10-20%程度の手数料が設定されています。これに対して3社間取引では1%-10%程度の手数料が相場です。

また手数料を左右する要素の一つに売掛先の信用力があります。ファクタリングでは売掛先の債権が支払期日に支払われることで現金を回収することになるので、買い取った金銭債権を確実に回収するためにも売掛先の信用力は非常に重要です。売掛先の信用力が高ければ回収できる見込みが高いので低く設定が可能です。これに対して信用力が低ければ、高額の手数料が必要になったり、場合によっては審査を通過できない可能性がでてきます。

さらに、色々な費目で費用が発生します。審査手数料に0-5000円ほどが発生したり、債券売買の領収書に必要な印紙代、2社間取引では債権譲渡登記のために5万から8万円ほどの費用が発生します。このように考えると実際に手に出来る賞味の現金はいくらなのかを、常に意識して利用の可否を判断する姿勢が必須と言えます。